玄米保冷庫・野菜予冷庫・苺夜冷ハウス・冷凍庫など、農産物の安心保存や最新技術及び直売所を通して農家を応援しています。

ロゴMilley SHOKAI ミレー商会 ホーム

通信販売の法規(特定商取引法)による表記

個人情報保護について
  新着情報 産直ノウハウ 直売所計画 什器紹介 中古機器販売  
  低温貯蔵庫 店舗プラン のぼり・看板 会社概要 掲示板  

産直ノウハウ

1億円産直を目指す魔法のノウハウ

歴史上初めて、今までに経験したことのない農産物デフレの中で、少しでも収穫量を増やしたい。少しでも農業収入を増やしたい。少しでも販売件数を増やしたい。と思って、日々黙々と営農に従事しているのが、農家の皆様の現状ではないでしょうか?
どうしたら、農業収入を改善できるのか・・・。どうしたら、より良い生活ができるのか・・・。と思いを巡らせても自分には無理だと決めつけてはいないでしょうか?
しかし、ほんの少しの時間と努力で、口下手で販売なんかできないと思っている・あなたでも・できる農産物の「産直ノウハウ」があります。
これまで、私たちが蓄積してきた経験と実績に基いた本物の「産直ノウハウ」を一挙公開いたします。

農産物デフレ克服


【産直のすすめ】
美味しかった。楽しかった。そのお客様の喜ぶ顔がみたい。と願うこと。
すべての基本は、『お客様優先』。
お客様の声に耳を傾け、心に響く忠言を選択し、より良い情報を得る。そこで、産直の農産物に、本来の栽培技術を結集し、商品力をつけ、少予算の宣伝力で効果を最大限に発揮し、栽培現場は安い労働力の省力化を実行し、更に、販売に対する意識改革を積み重ねていければ、必ず成功します。

1)商品力で勝負!
味・みため・デザイン性、味・みためは専門分野でしょうが、こんな安売りの時代でも独自商品のデザイン性で何倍にも高値で販売できます。こだわり限定販売方式、ブランド高級志向の商品で市場性を見極める。

2)宣伝力で勝負!
適切な時期に適切に販売、売り込まなくても売れるお客様獲得法を実践し、多方向性な宣伝活動で少ない予算で大きな効果の記事広告や料理教室・音楽会など、趣味から顧客作りのDM作戦、アフターフォローの礼状・季節の案内作戦を実施する。更に、インターネットは、眠れる獅子。これからが本当の市場になるホームページ+オークション活用法で売上倍増を狙う。

3)省力化で勝負!
商品力にはやっぱり栽培重視。しかし、単純労働は安い労働力の雇用と栽培のシステム化で省力化が必要となり、お客様の顧客管理はパソコンと宅配・季節の案内状を連動してITで省力化を図る。

4)自己改革で勝負!
誰も助けてくれない。自分でやるしかない。常に、プラス思考の意識改革で販売活動を行なう。

◆産直・直売所の定義
「産直」とは、生産から販売まで一貫して行う生産者。
そして、生産者から消費者へ産地直送をして販売する。
「直売所」とは、通販・直売所などを通して消費者へ直接販売する所。
そして、生産者から消費者へ直接販売し、仕入販売するお店でないこと。

■忘れていませんか?農家の一番のセールスポイント

それは、農家=安心ということ。デフレ不況の時代、誰もが「モノ」「サービス」が売れなくて困っている訳です。
そのような状況の時は、販売に対しても疑心暗鬼になっていてたくさん買ってもらうけど支払いは大丈夫だろうか?新規で取り引きをするけど相手の会社は大丈夫だろうか?などと必要以上に不安になります。
まず、取り引きは信用が一番です。今の社会情勢は、一般企業や個人商店の販売でも最初に警戒心を解くことから始めなくてはなりません。
先祖代々から、その土地に根を下ろし永年住んでいる農家の皆様は、信用という意味で一歩先をリードしている訳ですので本当の販売を身につければすでに勝負は見えています。




日本の国技相撲に「心技体」という言葉がありますが、これは何事にもバランスが重要と表現した良い言葉と思います。
まさに、農産物販売も同じで、心のこもった農産物があるのに技=販売の習得が思うようにいかないので体=出足が遅くなっている部分があると思います。
今からでも決して遅くありません。このデフレ不況だからこそチャンスなのです。
私たち「産直ノウハウ」の技法=販売マニュアルに従い一つ一つこの「産直ニュースレター」で、伝授していきますので、これを積み重ねて突き進んでいけば自ずと道は拓かれます。これからの子どもたちのため安心できる農産物を安定供給するためにも、私たちと、ともに勉強を積み重ねてまいりましょう!!
イラスト
産直ニュースレター予定
10月:農産物デフレ対策。
11月:時期時期直々季節販売。
12月:誰でもできる軒先直売所。
1月:目からウロコのインターネット活用法。
2月:全国がお客様に産直オークション。
3月:不況でも安心な産直チャンネル。
4月:商品力をアップするネーミング。
5月:予算をかけない効果大の宣伝法。
6月:こだわりには、こだわり農産物直売所。
7月:極めつけは独自の農産物。
8月:素朴なサービスで心をキャッチ。
9月:ゆっくり自分流の産直計画。
〈プロフィール〉
石崎 豊彦( いしざき とよひこ )

1956年 茨城県大洗町生まれ、兼業農家及び漁師、大手ホテルチェーンの営業・企画・経営を長年にわたり携わり、店舗プランナー会社を経て、現在は独立し、会社経営及び農業経営者に産直ノウハウを提案する「ミレア実践会(ミレーアグリ研究会)」を主宰。これまでに個人の農産物直売所や庭先直売所など、稼ぐ産直プランで農業経営者の皆様から信頼と実績を得る。

売上絶好調!成功実績例
国内最大!「ダチョウ王国」
たっしゃか村「深作農園」
ヤーコン茶・菊芋「アイキ」
食文化の創造「クルトロード」
ぶどうのピオーネ「ファミリー農園」
椎茸原木ハウス栽培「きのこファーム」
など・・・。
今までに、いろいろな直売所設立や農産物の商品化などで、農家の皆様を応援しています。
そして、私どもも「農産物直売所」や「web直売所」を通して、自社独自の「健康食品」や「涸沼しじみ」などで、実際に稼ぐ「産直」を実践しています。
また、ヤフオクや楽天のオークションサイトを駆使して、多数の商品を出品して売上げもあげています。
言葉だけではない本物の実践的な「産直ノウハウ」がここにあります。
私どもの「web直売所」は、こちらの健康らいふ・ミレーしじみ直売所「とんぼや」をご覧ください。

★☆ご購読無料の「産直ニュースレター」をお申込み希望の方は、こちらから★☆

お問い合わせは下記まで
ミレア実践会(ミレーアグリ研究会) 担当石崎
milley@milley.jp

※産直ニュースレターは、FAXではお送りしていませんのでご了承ください。
複製禁止(ご登録の無料会員様以外の方にコピーするのを禁止します。)


戻る

■ お問い合わせ ■
Milley SHOKAI ミレー商会
TEL:029−267−0228

通信販売の法規(特定商取引法)による表記

個人情報保護について

ポストE−Mailアドレス:milley@milley.jp