玄米保冷庫・野菜予冷庫・苺夜冷ハウス・冷凍庫など、農産物の安心保存や最新技術及び直売所を通して農家を応援しています。

ロゴMilley SHOKAI ミレー商会 ホーム

通信販売の法規(特定商取引法)による表記

個人情報保護について
  新着情報 産直ノウハウ 直売所案内 什器紹介 中古機器販売  
  低温貯蔵庫 店舗プラン のぼり・看板 会社概要 掲示板  

いちご栽培

いちご農家に福が来る。 いちご大福3原則 栽培・産直・革新
「いちご栽培」は、早出し出荷の11月上旬から収獲を始め、11月12月1月2月3月4月と約6ヶ月間の長期に亘り、途中収穫休みをつくらず、大玉を多収穫しなければ、「いちご栽培」の経営は成り立たない時代となってきています。特に、これからは生産者も増えてクリスマス前の高価格などは望めないとは思いますが、早出しや多収穫の期間を続けることで、高収入を得ることができます。特に、「いちご栽培」の経営には、多収穫の時期でも安定的な市場出荷と収益性の高い直売・加工や観光いちご園などを含めた多角的なアメーバ的経営をすることが肝要です。まずは、栽培を1品種に絞って、10アール1000ケースの収穫及び出荷を目標にすることが大切です。

★茨城の代表的品種及び特性
トチオトメ 休眠が浅く、大玉で市場性があり、作付けの大半を占めているが、高温時の根の働きが弱く、12月1月2月の低温時の温度に花粉が影響を受けやすいため品種の特性をうまく理解して栽培しないと、1月後半から2月にかけて収穫休みとなり、また、形状の不揃いなB品も多くなり、思わぬ減収を招く結果となります。
アキヒメ 休眠が浅く、大玉ですが果肉が軟らかく、出荷時の配送による傷みなどで、市場性に少し難があります。次々と比較的に安定して果房が出蕾し、収穫期間中休みがなく、果実の形状のバラツキも少なく、大粒の果実の多収穫が得られます。
特に、直売や観光いちご園向きです。草姿は立性で旺盛なため、1条植えが良いようです。
べニホッペ トチオトメ・アキヒメとともに休眠が浅く、大玉で果実の形状が良いのが特長です。果房も連続して出蕾しますので、安定して多収穫を望めますが、厳寒期の温度管理をミスすると、葉、葉柄に赤紫色のアントシアンが生じ、思わぬ失敗を招くこともあるので注意しましょう。更に、3品種の中では、一番多肥で、肥切れ、株づかれを起こすと果肉は軟らかくなり、色沢も悪くなり、小粒となります。直売経営者には、最適な品種です。

「いちご栽培」を成功させるには、まず、第一に採苗の段階で葉令数の同じで太いランナーのものを揃えて仮植することです。次に、ランナーから仮植・開花・果実の収穫する最後まで、こまめに「水かけ」と「消毒」を怠らないことです。

★新製品情報:農業用散水パイプ『らくらく散水』
わずか115gの超軽量級!農業用散水パイプ『らくらく散水』は、こちらをご覧ください。
FRP製の超軽量級で使いやすい農業用散水パイプ「らくらく散水」は、微細な水滴とシャープな水切れで、苺の葉や茎、大切な花や果実を傷めることがありません。勿論、適時な化学肥料・有機質など、土壌からの栄養素も大切ですが、光合成の3要素「水」「日光」「二酸化炭素」もとっても大切です。

★新製品情報:炭酸ガス発生装置「らんたんさん」
立派な茎で甘さも納得!炭酸ガス発生装置「らんたんさん」は、こちらをご覧ください。
農業用炭酸ガス発生装置「らんたんさん」は、植物・人・環境にやさしい自然対流方式なので、ハウス内での炭酸ガスを自然な形で苺が吸収し、酸素を発生させて苺の成長を促します。そして、大きさも立派で甘さも十分な果実が収穫できます。

★新製品情報:夜冷設備「ミレーハウス」
小型冷却システム採用!独自開発!夜冷設備「ミレーハウス」は、こちらをご覧ください。
この北関東では、11月上旬に早期収穫のための山上げという夜冷技法があり、これまでは、「いちご苗」を日光戦場ヶ原の高地で夏を過ごさせて、冬を体験することで、11月上旬の収穫を可能にすることができました。特に、最新の冷却技術で、山上げをしなくてもビニールハウスごと苗を効率良く冷やす方法が開発されて、10月末〜11月初めに収穫することが可能となりました。この時期は、七五三など需要が急増しますので、いちご出荷量の少ない時期に、非常に高値で勝負できます。

★新製品情報:エチレンガス除去装置「フレッシュロング」「予冷庫」
色つや長持ち!エチレンガス除去装置「フレッシュロング」「予冷庫」は、こちらをご覧ください。
いちご栽培の特徴は、春も3月末ごろになると暖かくなり日照時間や温度等により果実の収穫に大きな差が生じることがあります。この時期の収穫は、家族労働では間に合わないほど、多収穫になることもあるので、最近では出荷調整の意味で、日持ちするように予冷庫(プレハブ式冷蔵庫)とエチレンガス除去装置を導入されている農家も増えてきました。

★直売所情報:庭先直売所のすすめ
最近のいちご農家の販売事情は、市場出荷を中心としても、軒先・庭先販売も増えて、お客様に宅配などを利用しての産直や直売所での直売方式も時流にのり、いちご大福の億万長者も輩出しています。そこで、当社では「いちご農家に福が来る。」の産直ノウハウを農家の皆様に無償でアドバイスしています。農産物直売所のプランニングなど、直売所の「店舗計画」や「看板」「のぼり」のデザイン・設計・施工も承っております。

★最新販売情報:産直ニュースレター「さんちょくん」
目からウロコ!産直ノウハウから直売プランなど、産直ニュースレター「さんちょくん」を無料配信中!
詳しくは、こちらをご覧ください。
■只今、いちご夜冷設備「ミレーハウス」や「らんたんさん」「フレッシュロング」「予冷庫」など、ご成約記念!失敗しない「いちご栽培」マニュアル特典プレゼント!!
私共は、設備導入にあたり、親切丁寧に、お客様の利益になるよう、ご指導いたします。
是非、この機会に、ご検討ください。

戻る


■ お問い合わせ ■
Milley SHOKAI ミレー商会
TEL:029−267−0228

通信販売の法規(特定商取引法)による表記

個人情報保護について

ポストE−Mailアドレス:milley@milley.jp